【人狼J】実際の試合から学ぶ、占いの真偽の見分け方!

人狼ジャッジメント

人狼で最も大切な役職は何か知っていますか?

「占い師」です。

人狼は真占いを噛めば大体勝てます。狩人は真占いを守れば村が大体勝てます。

つまり人狼ジャッジメントで最も大事なことは、「占い師の真偽を見極めること」と結論付けることができます。

今回は実際にあった試合のログを見ることで、狂人占い師の特徴と真占い師の特徴をつかんでいこう!という趣旨の記事となっています。

占い師真偽決めのポイント4つ

占い真偽クイズの前に、占い師のログを見るうえで大事な点を説明します。おそらくこれを心に留めておけば、占い師の真偽は大体わかります。

真占いは村目を取らない

村目取りとは例えば、

  • 片白精査
  • グレー精査
  • 「露骨な」村目線の発言

とかです。

初日は実際のところあまり情報がない状態で殴り合うので、初日の考察や殴りは村目取りや白目取りの感が強めになります。

しかし真占いは村に媚びる必要は全くないですよね。結果を出してその日の占い理由がしっかりしてさえいれば、真目をとれるんですから。

よって、 わざわざ グレー精査をする占い師は、「それで真占いに見てほしい」という感情が無意識的に出ている=偽と分かります。

実際の例↓

この試合では私が狩人で占いの真偽を決めてました。仮指定の精査をしていることだけが理由ではないですが、カミラを偽とみて、対抗占い師を守りました。実際のカミラの役職は「狂人」でした。

(意図せず)真目を取っている

「真目」=「村目」ではないことに注意しましょう。

「真目」を取ろうとする気がなく、発言が村のことを考えているのが真であるということですね。

つまり真目をついついとってしまっているのが真です。

発言例としては、

進行に食って掛かる 、ヘイトを恐れない

ヘイトを恐れず村を勝利に導く姿勢は真目です。

言い訳しない

例えば280に遅れて真を切られそうになった時、真としては「真を切られる>狼に噛まれない」ということにつながるので、むしろ好都合だったりします。

あからさまな狂人アピール

私が真占いの時は、「自分の白をあえて殴る」や、「村の流れを無視する」など明らかに村利ない行動をして、黒に噛まれないようにします。大体バレて噛まれます。

なぜなら、黒目線からも「この占い師は狩人に守られないな」と思われて、噛むハードルが下がるから。

(最近は狂アピ面倒なので、徹底的に初日から真目をとって、狩人に自分を守るように指定してます。体感一番強い占い師のムーブ)

狂アピ例としては、

280に合わせない

占い結果を280とずらして提出します。むしろ理由なく1分遅れ、無言で初日を終える真もいます。大体噛まれます。

口調がふざけている

やる気なさそう=偽じゃない?と黒に思わせる真の戦術だったりします。

真っぽい雰囲気

曖昧な判断基準ですが、言いたいことは、

「発言内容よりもログから見える中の人の感情

が重要ということです。(あくまで初日精査の場合)

二日目からは、ログの雰囲気よりも、占い位置、占い理由をみて決めましょう。

真っぽい雰囲気の具体的なポイントは、

(なぜか)自信がある、余裕がある

別名「村イキり」です。スタンダード村は村6人VS人外3人構成。

真はマジョリティ側に属すので、つい気が大きくなってしまいます。煽りがち。

考察の歯切れが良い

人狼を守ろうという感情がないので、自分の考えたことをペラペラ話します。読みにくい長文もなく、読みやすい+書いていることに偽りがなさそうなログです。

実際のログの例↓

占い対抗マリアとフェイ。初動でマリアの発言に対するフェイの面白みない返し、そしてマリアの余裕あるログ。ここからマリア真、フェイ偽わかります。(多分)

ただ真偽ロックはやめておきましょう。意外に間違うので。

真占いの特徴

長くなったので一度まとめます。

  • 村目をとろうとしない
  • だが真目はある(雰囲気含め)
  • 露骨な狂人アピール

簡単に書くとこの3つですね。

占い師ログ対決

ここから実戦から観察眼を磨いていきましょう。占い師のログを見て、どちらが真かを見極めてみてください。

ケース1:ローラVSメアリー

ソフィア

メアリー

メアリーとローラのログだけで真偽を決めてみてください。

理由も一緒に考えてみましょう~。

答え

正解は、ローラ真、メアリー狂人でした。

ポイントは、マイク確定白の時の反応ですね。

  • ローラ:「確定イエイ」
  • メアリー:「マイク確定白ね」

ローラはマイク確定白に喜んでいて、村感情と言えます。それに対して、メアリーはマイク確定白にあまり良い印象を抱いていないようです。

ローラの発言が「あまりにも遅ければ」、自分の感情をねつ造できてもおかしくはないですが、これは占いCO直後の発言。これはローラの内情が赤裸々につづられていると取って間違いないでしょう。

そしてメアリーは、「仮指定を入れたほうが良い」や、「圧迫いらない」など、進行にすり寄る発言が多めです。これだけでは真偽は決められませんが……。

ローラの最も真目があるなと思った点は、

「でもそういうゲーム笑笑」ですね。

これぞ村イキり。言われた側は「こっちはてめえに笑われたくてゲームやってんじゃねえよ!」って言いたくなりますがね。

さて第二ラウンド行きます。

ケース2:クリスVSローラ

クリス

ローラ

どちらが真占いだと思いますか?

答え

クリス真、ローラ狂人でした!

試合を見ているときはクリス狂人ローラ真と見ていました。実際狼もローラを噛んでいますしね。

クリスは、

  • 仮指定入れてほしい
  • (貫通回避で)回避一択
  • ジェシカ殴り

と露骨に村目を取っていて、偽目強いなと感じたのですが、試合終わりに改めてログを見ると、口調がはっきりとしていて真っぽいのかなと……

ローラの「貫通希望」しか話さないところは「狂人アピール」で噛まれないようにしてると取りました。騙りを解除するところも真目高いと思いましたね~。

騙りを解除した場合の盤面はグレー6、なのでローラが貫通を押すのも矛盾していないんですよね。初日はローラ真だと思っていました。

占い真偽って難しい()

では次のケースにいきましょう。

ケース3:フレディVSフランク

フレディ

フランク

フランクの占い結果はジェシカ白。

ですが、「ジェシカ真っ白で草」発言をしたことで、「フランクの真目がない」として叩かれていました。

答え

フランク真 フレディ偽 でした!(途中で通信切れたのでスクショとれず……)

フレディは初動、意味不明な言動をしていて、狂アピかなと思っていましたが、フランクの自分の白先に対して白いと発言する行為も狂アピに見えますね。真偽付けられません。

ただジェシカ真っ白発言の狂アピ感の方が強めかも……?

今回はログだけで真偽付けることはできないでしょうね。(なんで問題にしたんだ)

まとめ

今回はあくまで、「2-1」盤面で、「初日のログだけ」で、真偽をつけるためのポイントを紹介しました。

しかし、初日の印象だけで真偽をロックすると失敗します。あくまで、狼や狩人がどちらを噛むかの参考程度のものだと思ってください。

それでは、良き人狼ライフを~。

タイトルとURLをコピーしました