【MOS EXCEL】に「独学」で合格する為の情報の全て

為になる雑記

はじめに

この記事は、MOS(Microsoft Office Specialist)試験、EXCEL 2016 スペシャリストについての記事です。エキスパートや、その他(WORD、ACCESS)について通用するかどうかは分かりません。

私は最近上記試験に独学で合格したので、教材や勉強方法、費やした時間などを書いていきます。

MOS EXCEL とは

まず、MOS EXCEL とは何かを公式サイトから軽ーく引用します。

Excelの主な機能を利用して、複数のシートを含むブックの作成・編集、データの抽出や並べ替え、数式の作成、関数の使用、グラフを利用したデータの視覚的表現、印刷設定など、さまざまな目的や状況に応じて数値データを扱える方を対象とした資格です。

https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/excel2016.html

つまりMOS試験とは、Excelの基本的な操作ができるかどうかを試すテストです。試験費用は大体1万円程度。

試験の難易度は自動車免許の筆記試験レベルです。Excelに慣れている方には試験内容がさらに簡単に感じるかもしれません。

MOSを「受けて欲しい」人

基本的な操作をテストする試験と聞くと、「なんだ、Excel初心者の為の試験か」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私は特に、

  • Excelに日常的に使っている人
  • Excelを独学で勉強し、あまり困っていない人

にこそ、試験を受けて欲しいと思っています。私はそこそこの頻度でExcelを使用していました。(一時期は毎日にらめっこ)

そんな私ですら、「勉強して良かった」と思える知識を得られました。

大事なことは、少ない費用と勉強時間(後述)で必ず役立つ知識が得られる為、非常にコスパが高いということです。

ただ、内容をきちんと理解して使えるようになることが大事なのであって、とりあえず資格を取りたいという姿勢だと効果は薄いでしょう。

MOS試験は簡単なので、一日まとまった時間があればなんとかなってしまいます。ただ、資格取得を目的とせず、MOS試験の勉強からより多くのことを学び取りたいという姿勢で勉強して欲しいです。

MOS試験に向いている人

  • EXCELを日常的に使っているが自己流の人
  • とりあえず「スキルアップ」がしたい人

MOS試験に向いていない人

  • パソコン超初心者(ある程度慣れていないと厳しい)
  • 就職に役立つ資格が欲しい人(運転免許資格レベルのものを評価してくれる会社って・・・・・・)

資格勉強に際して知っておいて欲しいこと

資格保持者=「上位3%のEXCEL使い」

2019年までに、430万人の日本人(全人口の3%)が受験しています。合格率が100%と仮定しても、資格保持者は日本に3%しかいない訳です。

資格の勉強をした人なら分かると思いますが、きちんと学んだか、そうでないかの差は大きいです。例えば、数あるEXCELの機能を「ホーム→挿入→・・・・・・」と順々に探していく人と、迷わず使える人の間には効率的な面で天と地の差があります。

それだけでなく、「EXCELを使わざるを得ない」というネガティブな使い方から、「この情報はEXCELのあの機能を使えばきれいにまとめられる」といったポジティブな使い方にシフトすることが出来ます。*私はテーブル機能というものを知って、目から鱗が落ちました(笑)

EXCELの知らないことをすぐに調べられる・理解出来る

スペシャリストの方は、あくまで基礎です。しかし、基礎をきちんと学んでいるということは応用的な使い方も出来るということです。YOUTUBEに上がっている「EXCELのすごい使い方○○選!」といった動画の内容をきちんと理解出来る・実装出来るレベルにはなれます。

さらに、上級資格の「エキスパート」を受けるのも良し、EXCEL(OFFICE)のプログラミング言語であるVBAを勉強するのも良し、ショートカットを使えるように頑張るのも良し。資格取得後の未来は明るいでしょう。

勉強内容・時間・方法

筆者のスペック

これから具体的な勉強内容について書いていきますが、その前に筆者の試験前スペックについて軽く触れておきます。

  • EXCELを本気で使うようになったのは2年前くらいから
  • 基本的な操作(文字入力・グラフ作成)は時間は掛かるが出来る
  • IT的な知識に関してはどちらかといえば強い方
  • 理解は早い。試験を解くのも早い
  • 飽き性

この後に書く勉強時間はあまり参考にならないかもしれません。問題を解くことだけに関しては爆速です、はい。

使用教材とかかった時間

テキストが届く前

こちらのサイトで、ショートカットキーと関数の勉強をしていました。ショートカットキーは試験に全く出ないので(マウスでクリックすれば大体出来る)あまり意味は無かったかもしれない。

勉強時間:2時間ほど

テキスト購入後

上のサイトで勉強した後、テキストの模擬試験の体験版がネットに転がっていたのでそちらで実際のテストにどのような問題が出るのかを探りました。(リンクはこちら

問題を解いたことで、ショートカットキーの勉強が全く役に立たないことを知りました。

テキストは体験版と同じものを選びました。日経のアレです↓

こちらには5回分の模擬試験と、それらをランダムに混ぜ合わせた実践問題がついていますが、実際の試験とほとんど同じ内容でした。試験の回答も一問一問確認することが出来て、操作一つ一つに画像が当てられているので非常に分かりやすくなってます。

本番では一問だけ見慣れない問題がありましたが、書式設定を開いてわちゃわちゃしたら何とかなりました。

肝心のテキストはほとんど読みませんでした。付録としてついている模擬試験のDVDを一通り解けばテキストに書いてあることは理解出来ます。5回分を解いた後、体系的に知識を取得したいと思い、テキストを開きましたが、30分程度で読み終わりました。

*メルカリで買えば1000円程度で済みます(ゲス)

模擬試験は合計で3週しました。一度目は解答を見て理解を進め、2・3回目は時間を測定してテスト形式です。模擬試験の点数と、試験時間は下のグラフにまとめました。(隙あらばEXCELを使っていく)

模擬試験は平均938点、合計時間は約5時間でした。一度目は解答を読みながらじっくり勉強したのでこのテキストにかけた時間はもっと多くなってます。

上のグラフを見ると、回数を重ねていく内にテスト時間が短くなっていることが分かります。点数はあまり変わっていません。何度採点しても不合格になる問題が模擬試験1つにつき2つ程あったので、模擬試験での満点は無理です。

2週間かけてゆっくり解きました。私は覚えることが苦手なのでテストを少なくとも3週して正解だったと思います。

本番と合計勉強時間

正直テストに合格するだけなら簡単すぎるので、満点合格+試験室内でトップ退出を目指しました。もはやゲーム感覚ですね。結果は下の画像の通りです。

満点取れました。かかった時間は30分程度でした(試験時間は50分)。

総勉強について

結局、勉強時間の総和は10時間程度でした。(テキスト勉強前2時間+模擬試験3+5時間、テキスト30分) ただ、独学だとどうしても情報を集めるのに時間がかかるので、MOS試験全体に使った時間は15時間程度というところでしょうか。

毎日1時間を2週間繰り返すだけで試験に合格できる計算になります。資格学校に行って何十万と払うのが馬鹿らしいですね。

もう一度勉強するなら・・・・・・

ネットで勉強しようとする前にテキストを買います。テストの形式に慣れていると安心感がありますし、どこぞの資格学校の変な情報に惑わされずに済みます。彼らはいちいち無駄なテキストや講座をおすすめしてきますから。

そしてテキストの模擬試験だけを3週します。突貫工事でやろうとすれば2日もかかりませんが、睡眠をきちんと取って頭に定着させることが大事です。時間はたっぷり取ります。

総括

ここからは勉強して思ったことを書きます。

有用な情報を得るのが難しい

MOS試験の情報は調べれば大量にネットに載っています。しかし、それらの多くが通信教材やコースに誘導するためのもので、本当に正しいものかどうかは分かりません。勉強を始める前の方にとって、正しく・有用な情報をきちんと得るのはとても難しいでしょう。

私がこの記事を書くことによって得られる利益は一銭もないので、遠慮無く感じたことを書いていますが、資格学校やその講師にとって、一人でも多くの生徒を集めることは売上に直結します。少し盛っただけで一人、二人の受講生を集められて、一人につき数十万円の売上が出るとすれば、そりゃやるでしょうね。

試験が誤解されている

資格の勉強をする前は、就活がやばい人が安心を買うための資格、もしくは、EXCEL初心者がとりあえず使えるようになるための資格、程度の認識でした。

確かに簡単に、短時間で取れるのでそういう人向けの資格と誤解されてもおかしくはないでしょう。

しかし、語彙を暗記したりすることなく手を動かして勉強するスタイルだったので楽しかったですし、10時間程度の勉強で習得出来る内容にしてはかなりレベルが高いです。

それに加え、初心者用というよりはある程度分かっている人が勉強した方が得られるものが大きいと思います。こんなことが出来たんだ!と感動すること間違いなしです。

最後に

私は統計資料を集めたり、プレゼン用のグラフを作ったりすることが多く、大抵そういう時に限って時間が押しています。

さっさと表やグラフを作りたいのに細かい操作が分からず、1・2時間を無駄にしてしまうという場面が何度かあって、EXCELをきちんと学んでみようと決意しました。今度はエキスパートやパワーポイントの方を勉強するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました