【人狼J】長文考察で村目を取る!長文の作り方と練習法!

人狼ジャッジメント

人狼Jプレイヤーの中にはこんな悩みを持つ者がいるかもしれない……

  • 長文で考察して相手を圧倒してえ……!(これを悩みと読んで良いのか分からない)
  • 長文考察をガンガン落としてくる相手と当たると、ついて行けない、相手に黒塗りされてしまう

さてこんな悩みを持っている人はどう解決すれば良いのか?

答えは簡単である。自分も長文考察で対抗するのだ。

長文考察のメリットデメリット

メリットデメリットは飛ばしてもらって構わない。

さて、このページに来た人は長文=正義という価値観を持っているかもしれないが、一応デメリットもあるので、注意して欲しい。

メリット

まず人の考察を隅から隅まで読んでいる人はいない。人狼Jの昼の時間は5分+α。その短時間にログを精読し、相手の黒要素を見つけ、考察を落とすなんてことは出来ない。

(ちなみに人が1分間に読むことの出来る文字量は約400字。ある対戦履歴の初日昼の文字量の合計を適当に測ったところ、約2500字は超えていた。そして、その時の私の発言量は大体600字程度。私のタイピング速度は大体3/秒。ということで、600字打ち込むのに大体6分は掛かっているということ。つまり精読して書くと6+6=12分は必要になる。 しかしながら、この試合は2分*3回延長されたはずなので昼の合計時間は11分。どう見ても足りないことが分かるだろう。 )

だからこそ、人は文章の雰囲気で相手が人狼か村か判断する傾向にある。長文を書けば無条件で「やる気がある」と見られるので、その点で大きなプラスになる。さらに、長文で書けば多少の視点のずれがあったとしても、村に気付かれず、そのままスルーされると言うことさえある。

他にも、

  • 長文考察をしている人に対して殴りづらい
    (そもそも読むのが面倒+殴ったら長文で殴り返される可能性を考えると殴らない方がお得)
  • 考察がしやすくなる
    相手も対抗して長文を書いてくるので(周りが発言を伸ばしていると発言していない人が目立ってしまう)、相手の黒要素を挙げやすくなる。 基本的に文章量が多い方が殴り要素が多くなる。

など色々なメリットが存在する。

デメリット

  • 進行が長文嫌いだと即吊られる
    狼だったときにこれで吊られたことがある
  • 長文は村のことを考えていない
    読ませる気が無い長文を書いて相手を圧倒するよりは、相手が理解出来る程度の文章量で説得した方が良いときもある。悪く言ってしまえば、長文は読み手のことを考えているというより、自分の都合しか考えていないということ

個人的には……

私は長文考察が好きだ。そもそも相手に自分の考え方を完全に伝える為には長文は必須のものだと思う。

「相手に勘違いされた」という経験から、「もっと丁寧に自分の意見を書こう」と考えるようになる。もっと、もっと……と繰り返していくうちに、文章とは長くなってしまうものなのだ。その点で言えば、長文の書き方など教えなくても自然に出来るようになるはずか?

長文の書き方

ということで前置きが長くなったが、長文をどうやって書いたら良いのか?を説明していこう。

ステップ1:しっかりとした環境

まずスマホで文章を書くのは難しい。PCでプレイすることをお勧めする。スマホでは文章を書きながら相手のログを見るといったことが出来ないし、誰が誰に白を出したのかといった情報をメモ帳に書くといったことが出来ないので、不利になる。

ステップ2:考察の種類を覚える

考察は基本的に5種類しかなく、

  • 村目/村目ではない
  • 吊り位置/吊り位置ではない
  • 黒目/白目/色が見えない
  • 質問系

の4つのみ。よって文章の最後は、

「~は村目(ではない)」や「~は黒目/色が見えない」や「なぜ~はー何だ?」といった感じになる。

逆に言えば、「話すことが無い」と思っている人は、この軸で考えれば良いのだ。全ての人が白っぽくて殴れないと思ったら素直に、

「みんな白っぽいから殴れない」

と言おう。ちなみにこの文章を長文にする方法は後で教える。

ステップ3:文章の型を覚える

次のステップ。ここが一番大事。人狼Jの考察は文章の型というものがある。例を出そう。

上のように、

  1. 誰についての文章か
  2. 気になった発言の抜粋
  3. 発言に関する自分の意見
  4. 結論(村目、黒目、色が見えないなど)もしくは質問

大体この4ステップで出来ている。逆にこの型に当てはまっていないような考察はよろしくない。例えばある村のミカの発言の抜粋

この文章は、

  • スーザンは視点ロックしている
  • →よって黒探す必要がないような印象
  • フェイなぐりはライン切りとも見れる
  • →フェイログが伸びなかったら吊りたい
  • ロディも怪しい

結局スーザンを黒で見てて、フェイが相方位置で、ロディをちょっと怪しんでいる。ということだが、一見すると何を言っているのか分からない。スーザンを黒で見ているのならスーザンを吊れば良いが、最後の結論はフェイ吊りたいということにすり替わっている。結局ミカは狂人だったので、納得だろう。

人外は自分の考えをあまり言いたくないので、こうやって色々な考察を一緒くたにまとめて相手に伝わりづらい文章を書く傾向にある。あなたが村、もしくは村目を取りたい黒なら、自分の考えを伝えることを恐れずに型を覚えて「相手に伝わるように」文章を書こう。

長文考察を書く為の練習法

理論を覚えたところで実際に長文は書けないので、具体的にどうやって長文を書く練習をしたら良いのかを説明する。

ステップ1:対戦記録を用意する

まず、対戦の記録を用意しよう。お勧めはグレーの考察が伸びて、自分が終始圧倒されていたと感じた試合や、強い人が数人いた試合だ。基本的に自分が参加した試合がお勧めだが、観戦して保存した試合でも良い。今回は自分の保存した試合で適当なものが見つからなかったので、観戦した試合を用意した。

ステップ2:考察をしてみる

次に自分がこの村で試合をしているような感覚で考察を書いていく。

この村の初日の状況は、

  • 占いフェイ:スーザン白
  • 占いローラ:メアリー白
  • メアリー 進行
  • グレー: マリアンヌ ショーン ソフィア アンナ アーニー

仮指定はアーニー、ショーン。

この村の初動は、マリアンヌのログが焦点となった。

ここまでが仮指定が入って十数秒たった後のマリアンヌのログ。

例えばこのマリアンヌに対して、以下のような印象を抱くかもしれない。

  • マリアンヌは村と全く関係が無いことばかりを話していて余裕がある
  • ふざけてやる気が無いように見える
  • 「落ち着いて深呼吸して」という割には文面からは全く緊張していない感じを受けるので、文章とそこから受ける印象がちぐはぐ。

さてここから一つ考察を書いてみるとこんな感じになる。

マリアンヌは初動ふざけているような感じがして、余裕があった。そこは村目だが、このままふざけ続ければ吊り位置になる。そして、「落ち着いて深呼吸して」「すーはー」と言い、マリアンヌが緊張してると読み取れるが、ログ全体の印象は非常にリラックスしていて、ちぐはぐな感じがする。正直色が見えない。仮指定はショーンアーニーだけど、ここにマリアンヌを入れて欲しい。マリアンヌが仮指定に入ってそのまま余裕がありそうだったら村目になるし、文体が崩れれば黒目になると思う。

先程書いた文章の型に当てはめると、

  1. 誰についての文章か:マリアンヌについて
  2. 気になった発言の抜粋:「落ち着いて深呼吸」「すーはー」
  3. 発言に関する自分の意見:ちぐはぐ、余裕はありそう。
  4. 結論(村目、黒目、色が見えないなど)もしくは質問
    このままだと吊り位置。色が見えない

今回はさらに

「マリアンヌを仮指定に入れて色が見たい」ということまで言及している。

要領が大体分かっただろうか?これを初日のログに続けていくのだ。

最初に入れたのはショーン。ショーンはマリアンヌに対して、

「マリアンヌが挨拶をしていなかったのは赤茶してた狼で見られる」

という雑殴りをしている。その後、ショーンがグレーで最初に起点を作ったということで、村目に置かれた。(正直最初に殴ったから村目って訳が分からないんですけどね)

フェイはマリアを、

村目で置いているらしい。

ちなみにフェイ(占い師)へ考察するとしたら、

フェイ:フェイは占い師だけど気になったから考察する。フェイはログから「アンナ発言薄い」「マリアンヌ好感」って全体的にグレーの印象を投下しているけど、そんな誰でも考察出来るようなことをわざわざ真占いが書く必要性が無い。フェイからは「黒を探そう」っていう感じよりも、「真目を取ろう」って言う感じを強く受けた。よってフェイは人外で見てる。そもそも占い師のフェイが対抗占いのローラに対して「話そうぜ!」なんて気にかける意味が分からない。フェイ目線相手は人外なんだから放置して他を見るべき。

まず、初日のテンプレは片白ではないグレーに対して考察することなので、わざわざセオリーと違うことをするときはきちんと「占い師だけど考察する」と断りを入れておこう。きちんと自分が殴っているのが占い師ですよと明記しないと

「フェイは占い師だけど何で殴っているの?あなたは把握漏れしてる感じがあるから緊張感ある黒目ね」

なんて殴り返される。殴られるだろうってポイントはことごとく埋めていくっていうスタンスでプレイすると、自然と長文になるはず。

アンナはフェイの「マリアンヌ村目」に対して疑問を持っていたようで、

マリアンヌは発言稼ぎ多めで村目とは思えない、吊り位置だと思う。と考察している。

少し時間が経って、スーザンのログについて気になった点がある。

仮指定は、アーニーショーンだったがスーザンは仮指定に狼がいない感じがすると言っている。そして問題は「もう少し見ます」と「ひとまず他のグレーを」って発言。「もう少しアーニーショーンのログを見る」ってことをまずきちんと書くべきということと、ひとまず他のグレーを見るってのが前の発言と矛盾しているということ。

とにかくこのスーザンの発言はわかりにくい。やっぱ長文でしっかり書くのが一番だね。

終わりに

もう少し考察しても良かったのだが、 時間が経つにつれ、話が発散し、ある発言の背景を読み取るには3,4人のログを参照しなければならなくなってしまったので、ここで考察例は打ち止めにする。

結局この練習のメリットは

  • 同じ状況に遭遇したとき、すぐに考察が頭の中から出てくる
  • 自分では思いつかなかった考察を自分の言葉にして次回の考察に役立てることが出来る
  • 結果が分かった後に考察出来るので、相手が何を考えていたのか分かりやすい

などなど、とにかく「自分が何も出来なかった」悔しい試合があったらこのように丁寧にログを漁り何か考察が出来るところはないか探してみよう。

「一言喋れば黒要素」

どんなに村目な人がいたとしても、その人がログを残している限り、黒要素はある。それを見つけられれば人狼プレイヤーとして成長出来るのではないだろうか。

タイトルとURLをコピーしました