なぜ私は人狼ジャッジメントをやめたのか?人狼Jの問題を考える

人狼ジャッジメント

気楽に見てってください。

一応最初に自己紹介をしなければなりませんね。

私は人狼ジャッジメントを2018年の夏頃に始めました。そらいろが人狼ジャッジメントを配信したのが多分2018年の2月で、夏休みだから学生が増えたこともあってか、徐々に人狼ジャッジメントが人気になってきた時期だったと思います。私もそのころから急にyoutubeの急上昇に乗るようになった人狼ジャッジメント動画を見て、

「まさに私が探し求めていたゲームだ」

と思い、始めたのがきっかけでした。面白そうなソシャゲを見つけてはストーリーをスキップしてガチャを回し、クエストに数回行って、なんか飽きたな、とアンインストール。またグーグルプレイを漁る生活に戻って面白そうなソシャゲを見つけて……とゴミの様な人生を送っていた私にとっては本当に新鮮でした。そもそも議論に飢えていた私は、起業して議論するためのサイトを作りたいとか思っていた位ですから、言葉で戦う人狼はまさに私が望んでいたものでした。

*イメージとしてはきれいな2ch。政治や社会問題を話し合うスペースを作りたかった。私は2chは嫌いです。

人狼を始めた頃は村のお荷物になっている感じが本当に申し訳なく、色々な攻略サイトでどうすれば村目を取れるか、どうすれば殴れるかを必死に調べ、人狼ジャッジメントの動画を片っ端から見て勉強しました。夜30秒の間に紙に全プレイヤーの名前を書き、占い師が誰に白を出したか、誰が誰を白で見てるのかなど必死に書き殴っていましたね。

(これはまた別の記事で書こうかな)

結局9月くらいに人狼をやめてしまいました。そのころはなんだかつまらない、飽きたと感じたからやめたということと、単純にプレイする時間が無くなったということが理由でした。そのころはまだ初心者部屋に入り浸っていた時期でしたし、特にそれ以上考えることはありませんでした。

人狼を再開したのは2019年の1月だったと思います。新たに始めてからは初心者部屋を卒業、誰でも部屋で部屋主ばかりしてました。夜60秒の延長5回設定。永遠と議論していたい人の為の部屋です。猛者が集まったときはグレーが6、7行の長文を書くのは当たり前で、それが初日からずっと続くといった部屋もありました。もうそうなったらログなんてまともに追えませんが……w。

こんな調子で今まで人狼ジャッジメントを続けてきましたが、あるとき2週間ほど人狼をプレイできなくなり、ふと人狼ジャッジメントをやめたいな、と感じる様になりました。しかし、私がこれまで築いてきた考え方や経験をそのままドブに捨てるのはもったいないと思いこのブログを始めました。おそらく私は考えていること全てを記事にし終わったら人狼をやめるのではないかと思います。

つまり、まだ私はまだ人狼をやめてないということですね。完全なタイトル詐欺。これは黒い……。しかしおそらくあと少しでやめてしまうのでこのタイトルはまもなく本当のこととなります。

ここから本題。具体的になぜやめようと思っているのかを書いていきます。そしてこの問題はおそらく私だけの問題ではないです。

この関連キーワードから分かるように、多くの人が人狼をつまらない、マナーが悪いと感じています。実際にやめた人も少なくないでしょう。私の数少ない人狼ジャッジメントのフレンドさんは、もうほとんどログインしなくなってしまいました。私の個人的な都合もやめる原因にはなっているのですが、この記事ではなぜ人狼ジャッジメントをつまらないと思ってしまうのか、何が人狼ジャッジメントをつまらなくしているのかまで深く考えていきたいと思います。

問題の仕分け

まず、人狼ジャッジメントをつまらなくしている要因は、問題の原因はどこか?という視点から3つに分けることが出来ると思います

  1. 個人的な問題
  2. 「人狼」それ自体の問題
  3. 「人狼ジャッジメント」の問題

1、個人的な理由

まず個人的な理由から。同意出来る理由もあるとは思いますが、同意出来ないものもあると思います。

  • 飽き性
  • 100%論理で戦うゲームではない
  • 人狼が苦手すぎた

この3つです。

飽き性

いきなり個人的な理由で申し訳ないのですが、私は筋金入りの飽き性です。ゲームにはまるときは一気にはまり、昼夜忘れてプレイし続けるのですが、ふと我に返って、私にしてんだ?と考えた瞬間にアンインストールボタンに手が伸びてます。昨日までこのゲームめちゃくちゃおもしろーい!と他人に勧めていたにも関わらず、当の本人が次の日にやめてるという。

100%論理で戦うゲームではない

これは私個人のみが感じているのではなく、他のプレイヤーさんも同様に感じたことがあるのではないでしょうか?それがあなたにとって良いことは悪いことかはさておき。

私にはこの言葉が刺さりました。

感情など抜きにロジカルな議論をするのが正しい人狼と思ってる人が結構いるようだけど
それってこの10数年の間にネット人狼で独自に育まれたものでそれが本来の正しい姿ってわけじゃない 
楽しみ方は人によって違うんだから考え方の違う人を排除するのでなく住み分けないとね


http://tarte.2ch.sc/test/read.cgi/gamesm/1531004633/

このロジックだけではやっていけないというのは、人狼側をやっていて、最終日に吊り負けた経験をして痛感しました。最終日の盤面は、

狩人ジェシカ、市民クリス、狼アーニー(私)

でした。これまでにクリスとアーニーのログの量は歴然で、最終日もクリスの黒要素をいくつか雁首そろえて持ってきました。一方のクリスはこれでアーニーには勝てないと確信したのか、もはやアーニーを倒すことを諦めていて、泣き言か何か、今になってはもう覚えていませんが、とにかく何かを話していました。

最終日始まる前は勝ったかな?と思っていましたが、クリスの諦めた感じがものすごく村っぽかった。投票前にジェシカが「あなたに決めました」と発言したのを見て、

あ、負けたな

と悟りました。クリスに投票するならわざわざ「あなたに決めました」なんて言わないですからね。結局アーニーが吊られて狼は負け、市民が勝ちました。

私はこれに不満を持っている訳ではありません。村が吊られる直前にすっごく白くなる現象はいつものことです。(適当に最期最白化現象と名付けます。)それに、私は直前の発言から考察をすることは多いですから、むしろそういった発言は私の役に立っているのです。

問題は、そういった発言にはロジックも何もないことです。今まで積み重ねてきた黒要素がたった2,3発言で全てひっくり返ってしまうのですから。味方であれば上のように考察に使えるからウェルカムなのですが、敵としてはたまったもんじゃない。議論で相手の黒要素をあぶり出して、次第に相手を追い詰めていくゲームかと思いきや、最後の最後で全てがひっくり返る。

ロジックや理路整然とした議論を求めてやってきた私は、人狼は思っていたのと違うと感じはじめました。上の引用のように、考え方の違う人を排除したことは一度も無いですし、人狼はロジックだけではやっていけないというのも分かっています。ただ、王手一歩手前で将棋盤をひっくり返されて、村にしか出来ない発言をされると、悔しさが残るのです。

人狼が苦手すぎた

はい、個人的な理由その2。ただ人狼プレイヤーは誰でも人狼になるのが嫌いだと断言できます。(人狼の方が得意で、人狼希望ばかり出しているという人や、いつも狂人希望してる、という根っからのリア狂もおりますが、少数派です)

私ほど村をやっている時と人狼をやっているときで差が出る人はいないと思います。村をやっている時は楽です。村だと思った人に村っぽいと言い、黒だと思った人に黒だと言う。そうすればいつの間にか最村目を取れている。しかし人狼になったときは相方ばかり黒く見えてしまい、初日相方とラインを切って吊り。その後はどうするのでしょうか?究極的に言えば、みんな村なんだからみんな白いんですよ。Aも白い、Bも白い、Cも白い……。どこかの某youtuberさんが、

「人狼は嘘をつかなくていい、もし私が村だったら誰を黒だと思うかを考えるのがこつ」

と言っていましたが、結局黒要素を探すとなると揚げ足取りになってしまうんです。(もちろん私の能力不足も多分に関係しています)私はみんなが「ああ、確かにその通りだ」と納得出来るような殴りをしたいと思っていますから、相手の足を引っ張り合う泥沼の殴り合いは苦手です。(つまり疑われると、質の良い殴り、殴り返しが出来ないので私は弱くなります)

そして、生真面目()ですから、自分の感情を隠すのも苦手です。これは上の「100%論理で戦うゲームではない」と関係しているのですが、ある経験があります。

自分は狼、相方は初日から一言も発言せず初日吊りで黒。俺は淡々と黒い人を探していましたが、4日目に吊られて敗北。霊脳に私を吊った理由を聞いてみると、

「アーニーは初日相方が吊られたことで何か重みを背負っている様なログをしていた」

だそうです。無理ぃぃぃ。私が村でも余裕とか一切出さずに考察しているのに、いざ人狼になって、やる気があるのか無いのかわっからないでーす、みたいなログは出来ません。ここから私の人狼ジャッジメントの限界を感じました。いくら強くなろうとも、感情面のコントロールに関しては一生上手にならない。おそらく人狼ジャッジメントの上達が止まる日が来るだろうと悟ってしまいましたね。

2、「人狼」そのものの問題

お次は「人狼」ゲームそのものの問題について。正直人狼というゲームは複雑すぎます。

「村人は人狼を吊れば勝ち、人狼は村人を減らせば勝ち」

一言で言い表せばこれだけなのですが、村の勝率を考え、最適化されていく内に、狩人は平和村の時はCOしない方が良く、グレーが4または5の時はCOはしなくても良いが、指定されたときは回避でCOする。さらにグレーが4の時はグレーから圧迫しても良い。占い師は……。などと複雑なセオリーが出来上がってしまいました。

ルールを知っていて、戦術を知っているプレイヤー>>>>>>ルールを理解しているプレイヤー>>>>>>そもそもルールをよく分かっていないプレイヤー

ルールを知っていても満足に遊べないゲームというのは人狼くらいではないでしょうか?(もちろん修学旅行で内輪だけで人狼をやるのであれば何の問題もありません)

大富豪は、3が一番弱くて、2が一番強い。最初に全てのカードを使い切った人が勝ち。

そのほか5スキップ、7渡し、8切り、10捨て、細かなルールはありますが、初心者でも強いカードに当たれば大富豪になることだって出来ますし、人狼の様に毎回最下位(初日吊り)になることはないでしょう。

特にネット人狼では一人ついて行けない人がいると、とりあえず考察の妨げになるので吊ります。初心者はルールも覚えていないのに吊られ、ルールを覚えても吊られ、それが永遠に繰り返されれば嫌になるのも当然でしょう。

さらに経験者目線でも、初心者が混じってしまうと、満足にプレー出来ません。全てのプレイヤーが、大体のルールを把握していて、戦術も理解して、やっとハイレベルな試合が成り立つ。そもそもゲーム自体始めるのも難しい、グッドゲームも少ない。これは人狼の問題だと思います。

3、「人狼ジャッジメント」の問題

はい、やっときました。ここからが本当の本題みたいなものです。今の人狼ジャッジメントの問題って何だと思いますか?

狼で萎え落ち

おそらくこれですよね。希望役職が通らず、狼や狂人になったらゲームをやめてしまうことを萎え落ちと言います。このゲームは人狼がいるからこそ成り立ちます。人狼が何もせずに吊られるのは村としてもつまらないですし、相方にも迷惑です。今までは私はこの問題を、萎え落ちした本人の責任だと考えていました。しかし、自分が人狼側としてやっていると、凸したくなる気持ちがとてもよく分かるのです。

そもそもこの凸問題を本人のせいにして、「お前は人狼やめろ」と言っても根本的な問題の解決にはなりません。では、この問題の根本にある原因って何でしょうか?私は原因を以下の3つだと考えました。

  • 狼に対する感謝がない
  • 無知のヴェールを被された匿名性
  • 村側はマジョリティである

狼に対する感謝がない

例えば、9人村で村側が勝ちました。試合終了後の墓場では、

チャン「今回は(村の)リリアンがMVPだね」

ロディ「いやいや、俺がMVPだからwwwww」

リリアンもチャンもロディも村です。負けて悔しい思いをしている狼には一切触れません。文字通り無視。まるで狼になった人は試合が終わっても敵陣営であるかのように無視されます。狼陣営は

エマ(狂人)「囲えなくてごめん」

アーニー(黒)「いや、囲えても結局吊られてたから大丈夫だよ」

と惨めな慰め合いをしていつの間にか部屋から去って行きます。本当のMVPは誰なのでしょうか?

私は、誰もやりたくない人狼になってもめげずに、村から総叩きされても反論した狼こそ、この試合を成り立たせているのだと思います。村は狼に対して感謝すべきではないでしょうか?決して

「今回の狼雑魚杉www」

と煽る資格は村にはない。そして狼を煽ったプレイヤーは自分が狼になると凸るんじゃないでしょうか。自分が煽られたくはないですからね。

匿名性

人狼ジャッジメントは完全に匿名です。ゲームが始まる前から相手のプレイヤー名が見えないという徹底した匿名っぷりです。すると一部の人は調子に乗り始めます。特に夕方の時間帯は酷く、中学生か高校生かは分かりませんが、ひたすら相手を「小学生wwwww」と煽ったり、意味も無い下ネタを連呼したり。無法地帯です。そういったプレイヤーが霊脳になって進行役になると、

  • そもそも霊脳COしない
  • ウザいと吊られる
  • 狼を煽り倒す
  • ノイズ

と害悪極まりないプレイをしてきます。そうなると村が崩壊します。問題はそういったキッズだけではなく、自称上級者も暴言が多いことです。

人狼というゲームは現実でもオンラインでも声の大きいプレイヤーが勝つ、という傾向があります。何回もプレイしていく内に次第に心が荒んでいき、相手の気持ちを考えない発言が増えます。おそらくこういったプレイヤーは現実世界ではそれほどきつい言い方をしないでしょう。しかし、相手を思うよりも、相手を吊って自分が生き残れば勝てるゲームにおいて相手のことを思いすぎるのは悪手。むしろ初心者に媚び売ってると黒目で見られたことさえあります(やばすぎ)。

言い方がきついプレイヤーは経験値が高く、強いプレイヤーも多いです。それを勘違いして「暴言やきつい言い方をするプレイヤー=強い」という考えを持って欲しくはないです。

話がそれましたが、言い方がきつくなる根本の原因は、相手が見えないことにあると思います。相手の戦績も知ることもできないので、自分がどんなに弱くても相手を煽り散らせますからね。

大多数は村側である

暴言が多くなるのもこのことが一因になっています。イメージとしては、クラスにいる大多数の生徒と、一部のいじめられっ子みたいな感じ。相手は少数だし、味方は周囲にたくさんいます。ならば蹴り飛ばしても、暴言吐いても、煽っても文句は言われません。言い返してきたら吊ればいいだけですからね。そして、自分から他人を煽りに行ける様な心の強い人狼を見たことがありません。つまり

人を煽ろうとする人=村側

という非情な方程式が成り立ちます。私としては、人狼をやってくれる人がいるからこそこの人狼ジャッジメントが成り立っているので、そういった暴言を吐く人を吊りたい気持ちで山々ですが、大体そういう人は大多数が味方であることをいいことに気が大きくなっている村側なので、吊る必要性がないのです。

解決策

まとめます。私個人の問題はおいておいて、人狼、そして人狼ジャッジメントの問題は以下にまとめられると思いました。

  • 人狼は難しいゲームである
  • 狼萎え落ち
  • 狼に対する感謝がない
  • 匿名性と暴言
  • 狼側はマイノリティ

そして、解決策を考えました。この解決策はそらいろ社への提言ではありません。これを読んだ人狼プレイヤー一人一人が出来ることです。そして抽象的なものではなく、具体的な方法を示したつもりです。

解決策1:初心者の教育をする

初心者には優しくして損はないです。人狼ジャッジメントは非常に難しいゲーム。初心者がやめていけばいずれゲームは衰退します。逆にしっかり初心者を育てていけば、暴言も吐かず、しっかりした考察が出来るプレイヤーになります。

さらに、初心者には「墓場で勉強しな」と言って、吊る風習がありますが、初心者は初心者なりに真面目にやっている人もいます。こういった初心者は村で見て良いときもあります。さらに、初心者には「初心者村へ行け」と言うだけでなく、その人がした発言のどこが良かったのか、どこが悪かったのかを添削してあげたりと、出来るとこはたくさんあります。

個人的に記憶に残っていることは、初心者ジェイが初日に吊られて、私も初日に噛まれた時に、ジェイのどの発言が良かったのか、どこが悪かったのか、そして、悪かった点はどのように改善していくべきかを、村の勝負そっちのけで教えていたところ、とても感謝されました。ジェイの発言を見ると、真面目で、しっかり自分の意見を言えていたので、これから伸びると確信しました。こうやって初心者プレイヤーの成長に関われるって幸せなことだと思いませんか?

あなたが初心者は初心者村へ行け、と言ってその初心者のやる気を削ぐか、丁寧に指導して、感謝されるか、どちらが良いですか?(もちろん人のアドバイスも聞かずにさっさと部屋を出て行ってしまうプレイヤーもいます。そのときのニックの言葉、「また一人初心者が野に放たれてしまった」は名言だと思いますねw)

解決策2:村の注意書きを書く

私はいつも部屋主をしていて、村の方針をきちんと決めています。こんな感じ↓

(今回の記事の為に分量を増やしたことは内緒)

書いていることで特に大事なことは、

  • 誰でも部屋だけど、初心者には優しくしよう
  • 狼には感謝しよう

の2つです。これを守れないのであれば退出してもらうという覚悟でやっています。個人的には、試合が終わってすぐに退出していしまう人も狼への配慮が足りないかなと思います。狼には感謝して、どこが悪かったのか、どこを改善すればもっと村目に見られるのかといったフィードバックをしっかりしてから次の試合に行って欲しいですが、まあ、そこまでは強制しません。

これを見て、部屋主になり、注意書きで村の治安をよくしようと考えてくれる人がいれば幸いです。

最後はなんだかよく分からない感じになりましたが、以上です。他の記事もどうぞよろしく。

タイトルとURLをコピーしました